釣り具メーカーダイワで人気のあるリール特集 | 全国対応送料無料の宅配買取専門店reMOVE(リムーブ)
0120-0202-55
COLUMN
コラム
HOME > 全カテゴリ記事一覧 > コラム > アウトドア > 釣り具メーカーダイワで人気のあるリール特集

釣り具メーカーダイワで人気のあるリール特集

釣り具メーカーダイワで人気のあるリール特集

釣り具メーカーダイワで人気のあるリール特集

アウトドア用品買い取りリムーブ

■スピニングリールとベイトリール

釣り具用品を総合的に扱うメーカーが「ダイワ」です。
その中でもリールにスポットを当てて、人気のある商品を紹介します。
リールと一口にいってもさまざまなタイプのものがあります。
今回は、スピニングリールとベイトリールの人気商品です。
まずは、それぞれのリールのおおまかな特徴を捉えておきましょう。

・スピニングリール

スピニングリールの特徴としてまず挙げられるのが、遠投が得意分野であることです。
キャスト時に、スプールに巻かれているラインがそのまま放たれるため、抵抗が少なく、飛距離を伸ばしやすいのです。
また、スプールのサイズが大きいため、巻いておくラインの量も多くできます。
遠投がメインとなるショアジギングなどでは、ラインの量は多いほうが良いでしょう。
そして、スピニングリールは、左右どちらでもハンドルの向きをかえることができるので、便利です。
ただし、低価格帯のものではハンドルの向きが変えられないものもあります。
基本的に、スピニングリールは初心者でも使いやすいリールです。
バックトラッシュなどのトラブルが起こりにくく、ナイロンラインを使用すればライントラブルも起こりにくいでしょう。

・ベイトリール

ベイトリールの良さはなんといっても感度が高いことです。
スピニングリールでは、手で押さえる部分がロッドのみですが、ベイトリールでは、ベイトリールロッドとリールを手で押さえます。
当然ながら、リールを押さえて使用するベイトリールのほうが、感度が高くなることは想像できるでしょう。
小さなアタリがあったときに、「障害物なのか魚なのかがわからない」といったことも、ベイトリールでは起こりにくいです。
またベイトリールでは、スプール自体が回転してまっすぐ巻き取られ、まっすぐに出ていくため糸ヨレができにくいといった特徴もあります。
そしてベイトリールのパワーは圧倒的です。
大きな魚を相手にする場合は、ベイトリールを使用したほうが優位に立てる可能性は高いでしょう。
ベイトリールは疲れにくいため、フィッシングが長丁場になっても、あまり心配はいらないでしょう。
ベイトリールは初心者には少しハードルが高いかもしれません。

■人気のあるスピニングリール

スピニングリールの中でも人気のある商品を4つ紹介します。

・ダイワ(Daiwa) 20クレストLT2500

2020年7月に販売されたモデルで、前モデルに比べて40g軽量化されています。
フィッシング初心者にも使いやすく、価格も手頃なことから、ますは手始めにという方にはピッタリなのではないでしょうか。
こちらの1台があれば、海はもちろん、川や湖などを網羅的にカバーできます。
堤防釣りなどにも適しています。
2000番サイズより2500番サイズはタフな作りで、巻き上げを強力にアシストしてくれる、強い味方です。
エギングや堤防釣り、バスフィッシングなどをする方におすすめです。

・ダイワ(Daiwa) レガリス4000D-CXH

シーバスに人気が高いのが「レガリス4000D-CXH」です。
レガリスは、洗練されたスマートな見た目がポイントで、見た目はもちろんですが、手に取った感触や巻き取りに関しても定評があります。
こちらは、シーバスに特化したモデルで砂浜からのヒラメやマゴチを狙いたい場合にもおすすめの人気モデルです。
巻き取りが早いため、スピードを求める方にピッタリといったところでしょう。

・ダイワ(Daiwa)20ルビアスLT2500

軽量でタフ、軽い回転がポイントのルビアスですが、こちらのモデルはソルト域から淡水までを網羅してくれるバーサタイルのタイプです。
2500はよりタフに使い込んでもびくともしないのが特徴で、巻き上げのアシストも申し分ありません。
エギングやバス、テンヤマダイなどにおすすめです。

・ダイワ(Daiwa)カルディアFC LT2000S-H

ネイティブトラウトにおすすめなのがカルディアFC LT2000S-Hです。
アジング・メバルゲームなどのライトソルトウォーターカテゴリーにも重宝します。
175gと軽量なので、ライトルアーを用いた繊細な釣りにおいて力を発揮してくれます。

■人気のあるベイトリール

ベイトリールではどのような商品が人気なのでしょう。
こちらは5つ紹介します。

・ダイワ(Daiwa)バスX

基本性能が抜群にバランス良く備わっているのが、バスXです。
とにかく「誰もが使いやすい」モデルで、愛用者が多いです。
良心的は価格設定ですが、ダイワの良さを感じられるアイテムで、高いコストパフォーマンスを誇ります。
文字通りバス釣り用のモデルですが、ソルトにも対応できることから初心者にも人気です。

・ダイワ(Daiwa)ミリオネア CT SV

2008年まではバス用でしたが、ソルト用として進化を遂げたのがミリオネアです。
そして2019年、ふたたびバスフィッシングゾーンに戻ってきました。
SVスプールはトラブルが少ないとして知られています。
超小型高性能エンジンも注目したいポイントです。
近距離から中距離を極めるにはもってこいといった感じでしょう。
コンペティションでも活躍できる、安定感が魅力です。

・ダイワ(Daiwa) タトゥーラ SV TW

タトゥーラには、タトゥーラ TWとタトゥーラ SV TWがありますが、こちらのタトゥーラ SV TWはとにかくバックフラッシュが少ないと言われます。
そしてタトクーラシリーズの中では最軽量の190gというのも大きな魅力でしょう。
また5グラムクラスのルアーであっても、快適に投げることができる貴重なリールです。

・ダイワ(Daiwa) アルファス AIR TW

2020年5月にデビューした、強じんなアルミボディのベイトフィネス機です。
ボディはフルアルミハウジングで構成され、ライトゲームフィッシングに非常に適しています。
バスに加えて、山岳渓流でのトラウトはもちろんのこと、ソルトでのベイトフィネスゲームも可能となったところが魅力でしょう。

・ダイワ(Daiwa) SV ライト リミテッド

淡水専用のライトリミテッドにはバックラッシュしにくく、楽にキャストが決まるといった特徴があります。
そのため「よく釣れる!」といった声もよく聞かれます。
最小限のマグダイヤルの調整だけで、軽量リグから重量級ルアーまでを簡単なステップで行うことができるのです。

■ダイワのリールも買い取ります

ダイワのリールはとても人気があります。
こちらのコラムでは、スピニングリールとベイトリールを紹介しましたが、ダイワのリールでは廃盤になったものの中にも人気のものがあります。
もともと釣りが趣味だったものの、転勤や結婚などをきっかけに釣りから遠のいている方は、一度リールを査定してみてはいかがでしょうか。
また、新しいものを購入して、旧モデルは不要なケースもあるかもしれません。
リムーブではリールの買取を行っていますので、一度ご相談ください。
店頭の買取では、いくつものリールを持ち込むのは時間的にも労力的にも大変です。
自宅にいながら、査定から買取までができる宅配買取をご検討ください。
買取は簡単な4ステップです。
申し込みフォームに必要事項を入力し、集荷に来てもらいます。
査定額が出れば、メールで連絡が入ります。
その後は、買取分の金額が指定された口座に入金されるので、在宅ワークの合間に申し込んでもサクサクっと完了してしまいますね。

■ダイワのリールをお得に処分しましょう

ダイワのリールについて紹介しました。
リールが買取できることは、あまり知られていないことかもしれませんが、実は人気のあるアイテムです。
特に安心のダイワのリールは愛用者も多く、「これから釣りを始めたい!」といったビギナーにも人気です。
こちらの人気商品9選を参考に、ダイワのリールの買取もご検討ください。

釣り具を売るならreMOVE(リムーブ)へ

男の趣味買取リムーブはこちら

ページトップ