fbpx
0120-0202-55
COLUMN
コラム
HOME > 全カテゴリ記事一覧 > コラム > オーディオ機器 > ターンテーブル、DJコントローラーなど売れやすいDJ機器、おすすめの売却方法をご紹介

ターンテーブル、DJコントローラーなど売れやすいDJ機器、おすすめの売却方法をご紹介

DJ機器買い取り

ターンテーブル、DJコントローラーなど売れやすいDJ機器、おすすめの売却方法をご紹介

DJとは?

DJは、英語の「Disc Jockey」の略です。
ディスクジョッキー、ディージェーなどと呼ばれており、ライブやパーティーなどのイベントを盛り上げるのに欠かせない存在です。

・プロアマや年齢を問わず楽しめる

ひと昔前までは、ラジオ、ナイトクラブ、ディスコなどで活躍するプロのイメージが強かったのですが、最近はアマチュアの方たちもDJを楽しむようになっています。
音楽のデジタル化、低価格で扱いやすい専用機器がいろいろと登場してきたことによって、プロアマを問わずにチャレンジやすい環境となっているのです。

・世界最高齢のおばあちゃんDJの登場

DJは若い人向けと思われがちですが、意外と年齢の高いプレーヤーもたくさんいらっしゃいます。
少し前には、世界最高齢のおばあちゃんDJも話題となりました。
その方がDJに興味を持ったのは、なんと、70代になってからだそうです。
80代になってからも、クラブのイベントへ参加するなどして、積極的にDJプレイを楽しまれているようです。

不要になったDJ機器はどうやって処分する?

このように、DJはプロアマや年齢を気にすることなく、誰でも楽しめるのが魅力です。
自分もかっこいいプレイをしてみたいと思って、DJ機器一式を買い揃えてみたという方も多いのではないでしょうか?
一度DJ機器にハマり出すと、次々と新しいものがほしくなってしまうものです。
特に、プロとして活動されているDJの方は、最新モデルが気になるところでしょう。

・DJ機器を買取に出すメリット

新しい機器を買うための資金を作りたいと思ったら、不要なものを買取に出してしまうのがおすすめです。
DJ機器は、中古市場でも需要が高いので、割と良い値段で買取してもらいやすいのです。
不要なDJ機器を買取に出してしまえば、お金が手に入るだけでなく、機材の整理ができるというメリットもあります。
DJにチャレンジしてみたけれど飽きてしまった方や諸事情で音楽活動から離れてしまったという方も、機器の売却を検討してみてはいかがでしょうか?

DJ機器の種類

DJ機器は、ターンテーブル、コントローラーなどいろいろなものがあり、人によって使用する機材は異なっています。
リサイクルショップ、オークションサイト、買取ショップなど、中古市場で取引されることが多いDJ機器としては、以下のものがあります。

・ターンテーブル

DJといったら、このターンテーブルをイメージされる方も多いことでしょう。
ターンテーブルは、DJプレイを目的としたレコードプレーヤーのことです。
ピッチコントローラーが付いており、アナログレコードの速度や音程を変えるなどして、音楽に表情を付けたり、お客さんを盛り上げたりします。
アナログレコードのほかに、CDを使用するCDターンテーブルもあります。
ターンテーブルの人気のメーカーは、Pioneer、Stanton、Numarkなどです。
中でも、ドイツのReloopのRP-7000やRP-8000シリーズは、元の値段が5万から20万円以上する高級品だけあって、中古市場でも高値で取引されることが多いです。

・DJコントローラー

DJコントローラーは、デジタル音楽が主流となった現代において、欠かせない機器です。
パソコン、タブレット、スマートフォンなどを使って、DJを行う際に使用します。
DJコントローラーで、DJソフトをコントロールして、音楽にエフェクトをかけることや2つの音楽のミキシングなどを行います。
Numark、Native Instrumentsなどいろいろなメーカーから、DJコントローラーが発売されており、入門者向けの安いモデルからプロ向けまで種類が豊富です。
PioneerのDDJ-RZシリーズ、RolandのAIRAなど上級者向けのモデルは、高額査定が付きやすいです。

・DJミキサー

DJミキサーは、いろいろな音楽をミックスするために必要な機器です。
フェーダー、つまみ、スイッチなどがたくさん付いており、複数のチャンネルの音量やノイズのコントロール、イコライザーなど調節することができます。
DJミキサーは、安いものだと数千円台からありますので、入門者でも気軽に購入しやすい機器です。
Pioneer、ALLEN&HEATHから発売されているプロ向けのDJミキサーは、20万円以上するモデルもありますので、買取に出したら良い値段で売れることでしょう。

・DJヘッドフォン

ヘッドフォンは音楽鑑賞のために用いるのが一般的ですが、DJの場合には音楽をチェックするために使用します。
そのため、DJ向けのヘッドフォンは、遮音性や耐久性が高く、音質が良いものが選ばれています。
DJたちの間で人気が高いヘッドフォンのメーカーは、Audio Technica、Pioneer、ENNHEISERなどです。
ULTRASONEのSignature、Sennheiserの HD8 DJなどは、プロのDJたちからも高い支持を得ており、買取額も高めとなっています。

・DJエフェクター

DJエフェクターは、音楽をループさせたり、リバーブやディレイなどの効果を加えたりすることができるDJ機器です。
DJ専用のエフェクター以外に、ギターやボーカル向けのエフェクターを使っているDJもいます。
Pioneer、BOSS、JOMOXなどメーカーのエフェクターを使っている人が多く、中古市場でも人気があります。

・そのほかのDJ機器

そのほかにも、オーディオインターフェイス、シーケンサー、サンプラーなどさまざまなDJ機器があります。
どのDJ機器も、高額で取引されやすいのは、PioneerやRolandやReloopなどの有名メーカー製、プロ向けや上級者向けモデルなどです。
DJ機器の売却を検討されている方は、メーカー名や型番、元の販売価格などをチェックしておくと良いでしょう。

DJ機器の売却方法

最後に、ご不要になったDJ機器の賢い売却方法についてご紹介いたします。

・フリマアプリやインターネットオークションを使う

近年は、フリマアプリやインターネットオークションを利用して、不要なDJ機器を売却される方が増えています。
フリマアプリやインターネットオークションは、自分の希望の額で売却できるのが魅力です。
運が良ければ、高値で買取してくれる方が見つかるかもしれません。
ただし、フリマアプリやインターネットオークションは、個人間のやり取りになるのでトラブルに対応することや梱包や発送の手間がかかってしまうデメリットがありますので、注意してください。
また、売れるまでに時間がかかってしまうこともあるので、急ぎで不要なDJ機器を現金化したい方にとっては、あまりおすすめできない売却方法です。

・すぐに売却したいならば宅配買取が便利

手間を減らしたい方、トラブルを避けたい方、すぐに売りたい方には、宅配買取が一番おすすめです。
宅配買取を利用すれば、ショップへ荷物を送るだけなので、非常に簡単です。
万が一、査定額に納得できなかったときにキャンセル可能なショップを選んでおけば、安値で買い叩かれるリスクも減らせます。
使わなくなったDJ機器を売却するなら、男の趣味買取リムーブがおすすめです。
ターンテーブル、DJミキサー、DJヘッドフォンなど、さまざまな機器を買取していますので、お気軽にお申し込みください。

DJ機器の買取リムーブはこちら

 

男の趣味買取リムーブはこちら

 

ページトップ