コールマンはどんなものが買取してもらいやすい? | 全国対応送料無料の宅配買取専門店reMOVE(リムーブ)
0120-0202-55
COLUMN
コラム
HOME > 全カテゴリ記事一覧 > コラム > アウトドア > コールマンはどんなものが買取してもらいやすい?

コールマンはどんなものが買取してもらいやすい?

コールマンはどんなものが買取してもらいやすい?

コールマンはどんなものが買取してもらいやすい?

コールマン(Coleman)とはどんなブランド?

コールマンは、キャンプ、登山、バーベキューなどアウトドア関連の商品を販売している会社です。
本社は、アメリカのカンザス州ウィチタにあります。
創業時期は1900年代頃だと言われており、その当時はガソリン式ランプの販売やリース業を営んでいました。
その後、自社製造のガソリンランプ、自社製造のガソリンランプなどの販売を経て、世界的に有名なアウトドアブランドへと成長していきました。

・1970年代に日本に上陸

コールマンが日本に上陸したのは、1976年5月です。
日本法人のコールマンジャパン株式会社が設立されたことによって、国内でもコールマンの商品が手に入りやすくなり、認知度が高まっていきました。
現在、コールマンは、アウトドアを楽しむ方たちの間では定番人気のブランドとなっています。
また、リュックやウエストポーチなどタウンユースとしても取り入れやすい商品も多いため、コールマンは年齢や性別を問わず幅広い世代の方たちから愛されています。

買取されやすいコールマンのアイテム

キャンパーや登山家はもちろんのこと、アウトドアに興味がない方たちからも大人気のコールマンは、買取市場でも良い値段で取引されることが多いです。
老舗の有名ブランドだけあって、コールマンにはテント、チェア、テーブルウェアなどたくさんのアイテム販売されており、買取金額にも幅があります。
どんなアイテムが良い値段で買取してもらいやすいのかについて、次の項目でご紹介します。
コールマンの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

・ウェザーマスターシリーズなどのテント

数あるコールマンのアイテムの中でも、テントは良い値段で買取してもらいやすいアイテムでしょう。
ドームテント、2ルームテント、ワンポールテント、ソロテントなどコールマンからは、いろいろなタイプのテントが発売されています。
その中で、高額査定が期待できるモデルは、「ウェザーマスターシリーズ」です。
このウェザーマスターシリーズは、耐水圧が高く、激しい雨風にも耐え得る設計となっているのが特徴で、アウトドア上級者向けのテントとなっています。
販売価格が10万円以上する高級品のテントなので、不要になったときには捨てるよりも、売却を強くおすすめします。
また、コールマンの定番人気の「ツーリングドーム」、「BCクロスドーム」なども、買取してもらいやすいテントです。
特に「タフワイドドーム」は、ファミリー層、アウトドア初心者~上級者までさまざま人たちの間で需要が高いことから、中古市場でも割と良い値段が付きやすいモデルとなっています。
基本的に、元の値段が高いテントであれば、買取時の査定額も上がりやすくなります。
ただし、コールマンのテントは知名度が高いうえに人気もあるため、安いモデルのテントであっても買取してもらえる確率が高くなっているのです。
安物のテントでも売れないだろうとあきらめずに、買取店に相談してみると良いでしょう。

・LEDランタンやガスランタンなどライト類

コールマンは、過去に自社製造のガソリンランプを販売していたこともあり、ランタンやライトなどのアイテムも定評があるブランドです。
LEDランタン、ヘッドライトなどさまざまなライト類がありますが、高値で売れやすいのは「ノーザンノバ」 「ノーススター」などのLPガスランタンです。
また、パワーハウスツーマントルランタンやワンマントルランタンなどは、デザイン性が高いことから、インテリアとして中古品を手に入れたいという方も多いため、良い値段で売れやすいアイテムとなっています。
特に、「ノーススター チューブマントルランタン」は、元の値段が高いので、高額買取が期待できます。

・焚火やバーベキューセット

コールマンのファイアーディスク、ステンレスグリルなども、買取率が高いアイテムです。
なぜなら、アウトドアを楽しむ目的以外に、災害の備えとして焚火やバーベキューセットを購入される方も多いからです。
使用頻度が少なくて、見た目がきれいな状態であれば、良い査定額が出るかもしれません。

・リュックやウエストポーチなどバック類

コールマンのリュック、ボストンバッグ、ウエストポーチなどのバッグ類も買取してもらいやすいアイテムです。
ただし、バッグ類はもともとのお値段が数千円から1万円前後のものが多いため、リュック1点だけでは、高額査定が付くことはありません。
良い値段で買取してもらいたいのであれば、不要なバッグをまとめて査定に出すことやテントやランタンなどほかのアイテムも一緒に買取してもらうなど、工夫してみると良いでしょう。

コールマンを買取に出す前にやっておくこと

次に、いらなくなったコールマンのアイテムを売却する際にやっておくべきことをご紹介します。
ちょっとしたことでも査定額が大きく変わることもありますので、高額買取を狙いたい方はぜひ試してみてください。

・目立つ汚れはできるだけきれいにしておく

テント、シェルフ、ランタンなどは、基本的に野外で使用するアイテムなので、ホコリ、ゴミ、泥など汚れが付きやすくなります。
見た目が汚いと、査定に影響が出て、買取額が安くなってしまうことがあります。
買取ショップに持ち込む前に、ホコリを払うなどして、軽く掃除をしておくと良いでしょう。

・日ごろのメンテナンスも大切

テント、シェード、シェルフなどは、ずっと保管したままだとカビが生えることやニオイや虫が付いてしまうことがあります。
カビが発生した場合や傷んだ状態だと、どんなに高価なものだったとしても、査定額が下がってしまうことや買取拒否されてしまうこともあります。
時々、物置から出して、風に当てることや天日干しをするなど、日ごろからお手入れをしておくことも大切です。
ガスランタン、ガソリンランタンは、燃料を抜いて保管するようにしてください。
電池式のLEDランタンは、液漏れ防止のために、長期間使わないときは、電池を取り外しておきましょう。

・箱や保証書や付属品なども合わせて査定に出す

売りに出す前に、箱、保証書、取扱説明書なども揃えておくようにしてください。
本体だけよりも、付属品などもきちんと揃っている状態のほうが査定額が上がりやすくなるからです。
ねじ、ベルトなど、細かい部品も忘れずに準備しておいてください。

・いらなくなったら早めに売却する

コールマンが不要になったら、できるだけ早い時期に売却してしまいましょう。
テントなどのアウトドアグッズは改良されて、次々に新しいモデルが登場してくるため、古いモデルは査定額が低くなってしまうからです。
価値が下がってしまう前に、買取ショップへ持ち込んで現金化してしまうのがおすすめです。
いらないものをすぐに売却して現金に換えることで、新しいアウトドア用品を買うための資金にもなります。

不要なコールマンのアイテムを売るなら宅配買取もおすすめ

コールマンを売るならば、宅配買取がおすすめです。
宅配買取ならば、来店不要でテント、ランタンなどを現金に換えることができます。
男の趣味買取リムーブでも、アウトドア用品の宅配買取を行っています。
コールマンなどアウトドアブランドに精通しているスタッフが対応させていただきますので、ご不要なものがありましたら、男の趣味買取リムーブまでご連絡ください。

キャンプ用品買取リムーブはこちら

アウトドア用品買い取りリムーブ

男の趣味買取専門リムーブ

ページトップ