レミーマルタンルイ13世の買取で気を付けたいこと | 全国対応送料無料の宅配買取専門店reMOVE(リムーブ)
0120-0202-55
COLUMN
コラム
HOME > 全カテゴリ記事一覧 > コラム > 洋酒 > レミーマルタンルイ13世の買取で気を付けたいこと

レミーマルタンルイ13世の買取で気を付けたいこと

レミーマルタン ルイ13世

レミーマルタンルイ13世の買取で気を付けたいこと

最高級のプレミアム・コニャック

レミーマルタンルイ13世は1874年の誕生以来、唯一無二のプレミアムコニャックとして、富裕層を中心に世界のブランデー愛好者に高い評価を得続けてきました。
ルイ13世はコニャック地方にあるグランド・シャンパーニュの特級畑の最も優れたユニ・ブラン(白葡萄)だけで造られています。
熟成年数にして約40年〜100年と長い年月を経た、約1,200種に及ぶ原酒の中から、ルイ13世にふさわしいと認められた原酒だけをセラーマスターがブレンドしています。
150年あまりにわたり変わらぬ製法のもと、時間を味わう最高の贅沢が楽しめる最高級ブランデーです。

デキャンタを巡るストーリー

ルイ13世はひと目見ればルイ13世とわかる、個性的なデキャンタにボトリングされています。
実はこのデキャンタには歴史的な逸話が残されています。
1569年にジャルナックの戦いが起こった場所の近くにあった葡萄畑で、1人の農夫が水筒を発見しました。
闘いから数百年の時を経て発見された美しい金属製の水筒は、農夫によってメゾン・レミーマルタンの4代目当主であったポール・エミール・レミー・マルタンの手に渡ります。
気品あるユリの紋章が刻まれた水筒に魅せられたポール・エミール・レミー・マルタンは、デザインの複製権を取得すると、独創性あふれるクリスタルガラスのデキャンタを作りあげたのです。
販売当初のデキャンタには「Tres vieille age inconnu」と刻まれていました。
熟成された古酒がブレンドされているものの、いつの年代のものかわからないという意味です。
それから150年あまりにわたり、時を重ねた原酒だけがセラーマスターによってブレンドされていますが、ルイ13世は年によって味わいを変えることなく、常にルイ13世でなければなりません。
ルイ13世が誕生した年と現在手にすることのできるルイ13世は同じクオリティであることを意味しています。

3タイプの違いを確認しましょう

1人の農夫が偶然発見した過去の遺物である水筒によって、オリジナルのデキャンタが生み出されたレミーマルタンのルイ13世ですが、実はデキャンタは時代によって変遷しています。
現在、中古市場に流通しているルイ13世は、大きく3つのタイプに分けられます。
30年以上前に手に入れた方によく見られるベリーオールドタイプ、20年程前に手に入れた方に多い旧金キャップタイプ、現在も販売されている現行品タイプです。
タイプによって査定評価のポイントも異なってくるため、注意が必要です。
ベリーオールドタイプは最も見分けがしやすく、未開封のものであれば、キャップのネック部分は紙で、キャップトップにもレミーマルタンの紙が貼られています。
これに対して20年ほど前に流通したタイプと現行品は、どちらも金キャップであるため、一見ではわかりにくいかもしれません。
年代ごとにキャップシールや刻印の仕様なども変遷しているため、注意しましょう。
ベリーオールドタイプは開栓の際の紐がビニールテープで、20年ほど前の旧金キャップは紐が短く、現行品は紐が長いです。
付属品や元箱にも違いがあります。
ベリーオールドタイプは元箱に替え栓、ネック部分に巻かれた1枚の冊子が付属しています。
シリアル番号は付されていません。
20年ほど前の旧金キャップタイプは元箱と替え栓、冊子が付属し、本体と同じシリアル番号が刻印されているのが特徴です。
このタイプでは、稀にブランデーグラスも付属するケースがあり、ブランデーグラスも残されていれば、査定額がアップします。
現行品は元箱と替え栓と冊子で、やはり、本体・冊子・替え栓のすべてに一致するシリアル番号刻印されています。
本体とシリアル番号が1つでもずれていると、減額査定になるのでご了承ください。
シリアル番号は旧金キャップの場合は針で彫ったようなな細い刻印が特徴です。
これに対して、現行品はシリアル番号が濃く刻まれています。
なお、稀にシリアル番号を打刻してある製品があり、その場合には買取価格が減額になるので注意してください。
瓶底に輸入代理店がシールを貼ってしまい、シリアル番号が隠れていることがあるので気を付けましょう。
レミーマルタンルイ13世の買取価格をアップさせるには、付属品を揃えるとともに、旧金キャップや現行品はシリアル番号がすべて一致していることがポイントになります。

デキャンタの変遷

同じように見えるデキャンタについても、実は変遷が見られます。
基本的にはバカラ社クリスタルデキャンタが使用されていますが、ベリーオールドタイプと20年ほど前に出回った旧金キャップでは、サンルイ社製のデキャンタであるケースも少なくありません。
現行品タイプは国内正規品はバカラ製ですが、稀にセーブル社のクリスタルデキャンタの場合があります。
バカラ製でなくても、まがい物ではないので、価値がないなどと処分しないように気を付けてください。

レミーマルタンなど洋酒を売る場合、リムーブにお任せください

ページトップ