fbpx
0120-0202-55
COLUMN
コラム
HOME > 全カテゴリ記事一覧 > コラム > カメラ > どんな一眼レフカメラやミラーレスカメラが高値で売れる?売るなら宅配買取が便利!

どんな一眼レフカメラやミラーレスカメラが高値で売れる?売るなら宅配買取が便利!

どんな一眼レフカメラやミラーレスカメラが高値で売れる?売るなら宅配買取が便利!

一眼レフカメラやミラーレスカメラの賢い処分方法

カメラを処分したい理由として多いのは、「新モデルへ買い替えたいから」、「写真を撮る機会がほとんどないから」、「操作が難しくて使いこなせないから」などです。
でも、いざカメラを売ろうとすると、どうやって買取に出して良いのかわからない方や買取ショップ探しに苦労してしまう方が割と多くいます。
また、できるだけ高値でカメラを売却したいと考える方も、いらっしゃることでしょう。
一眼レフカメラやミラーレスカメラは、エントリークラスの安いものだと数万円から、プロ向けの高いものだと数十万円から100万円以上する高級モデルもあります。
せっかく奮発して買ったカメラですので、売却時に安く買い叩かれて損をしないように、気を付けたいところです。
買取で失敗しないために、賢い処分方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

売れやすい一眼レフカメラやミラーレスカメラのブランド

買取に出す前に、どんなカメラが売れやすいのかを知っておいたほうがいいでしょう。
比較的売れやすいのは、オリンパス、富士フイルム、ペンタックスなどの有名ブランドの一眼レフカメラやミラーレスカメラです。
中でも、Nikonやキヤノンは、プロのカメラマンたちからも高い信頼を得ている人気ブランドなので、ハイエンドユーザー向けモデルの一眼レフカメラは中古品でもかなりの高値で取引されるケースが多いです。
また、ミラーレスカメラであれば、ソニーやパナソニックが割と良い値段が付きやすくなっています。
次の項目で、ブランドごとに売れやすいカメラのモデルについてご紹介いたします。

■ミラーレスカメラ市場で勢いがあるソニー(SONY)

ソニーは、ミラーレスカメラ市場で一番勢いがあるブランドです。
α9やα7などフルサイズセンサーを搭載したモデルは、高画質な撮影ができることから、プロアマ問わず注目のカメラとなっており、非常に高額で売れやすくなっています。
APS-Cセンサーを搭載したα6400やα6100などのエントリーモデルに関しては、α9やα7よりも元の値段が安いので、買取金額は低くなります。
といっても、ソニーのミラーレスカメラは非常に人気があり、中古品でも手に入れたいと考えている方が多いので、状態次第ではエントリーモデルであってもそれなりの値段で売れる可能性が高いです。

■YouTuberに人気のパナソニック(Panasonic)

パナソニックも、ソニーと同様にミラーレスカメラ市場において、非常に人気の高いブランドです。
写真撮影だけでなく、動画性能も優れているため、YouTuberたちの中にもパナソニックのミラーレスカメラを愛用している方がたくさんいます。
パナソニックからは、LUMIXという名前のミラーレスカメラが発売されており、SシリーズとGシリーズの2種類があります。
Sシリーズは、フルサイズセンサーを搭載したプロ向けのミラーレスカメラで、元の値段が20万円から50万円くらいする高級モデルです。
そのため、売りに出した場合にはかなり良い値段が付く可能性があります。
Gシリーズは、マイクロフォーサーズなので、フルサイズセンサー搭載のSシリーズと比較すると、お手頃価格のモデルなので、買取額もやや下がります。
ただ、Gシリーズはミドルクラスモデルとなっており、アマチュアからハイエンドユーザーまで人気が高いカメラなので、良い値段が付く可能性が十分にあります。

■エントリーモデルからプロ向けまで種類豊富なキヤノン(Canon)

キヤノンは、昔からカメラで有名な会社です。
キヤノンから発売されているカメラの特徴は、エントリー向け、ミドルクラスモデル、プロ向けのモデルまで、種類が非常に多いことです。
その中でも、一番高値で取引されやすいのは、フルサイズセンサー搭載のプロフェッショナルモデルのEOS-1シリーズです。
また、ハイアマチュアモデルのEOS Rなども高額で取引されることがよくあります。
エントリーモデルのEOS Kissシリーズに関しては、何十万円もの高額査定はあまり期待できません。
ただ、キヤノンのエントリーモデルは、需要が多いのでうまく売れば良い値段が付くかもしれません。

■耐久性が高く世界的に信頼のあるニコン(Nikon)

ニコンも、キヤノンと同じく、昔からカメラで高い評価を得ている会社です。
元々軍用機材を製造していた会社なので、ニコンのカメラは耐久性が非常に高いという特徴があり、世界的に高い信頼を得ているブランドでもあります。
ニコンから発売されているカメラの中で、良い値段が付きやすいのは、デジタル一眼レフカメラのDシリーズです。
最新のDシリーズの一眼レフカメラは、元値が70万円くらいする高級モデルもありますので、売りに出せばかなりの高値が期待できるでしょう。
ただし、同じDシリーズであってもエントリーモデルの場合は、査定額は下がってしまいます。
ニコンからはZシリーズというミラーレスカメラも発売されています。
近年は、一眼レフカメラよりも、ミラーレスカメラの方が人気となっていますので、Zシリーズも良い値段で売れやすいモデルです。

高値でカメラを売りたいならできるだけ早めに売却を!

高い値段で不要な一眼レフカメラやミラーレスカメラを売りたいのであれば、できるだけ、お早めに処分することをおすすめします。
なぜなら、カメラは新しいモデルのほうが高値が出やすくなっているからです。
カメラは次々に新しいモデルが発売されていますので、数年前のモデルはすぐに価値が下がってしまいます。
たとえ、壊れていなくても、新品同様にきれいな状態であっても、古くなればなるほど高値で売れる可能性が低くなっていきますので、いらないと思ったらすぐに売りに出してしまったほうがいいでしょう。
ただ、カメラコレクターたちの間では、古いモデルカメラや壊れているカメラであっても、高値で取引されることもあります。
なので、古いカメラをお持ちの方も、ダメ元で売りに出してみると良いかもしれません。

宅配買取店でカメラを売る場合には信頼できるショップを選ぼう!

不要になった一眼レフカメラやミラーレスカメラを売る方法は、リサイクルショップへ持ち込む、ネットオークションやフリマアプリを使うなどいくつかあります。
一番効率的な売却方法は、宅配買取ショップを利用することです。
宅配買取ならば、外出せずにカメラを売りに出すことができるので、電車代やガソリン代などの交通費もかかりません。
ただ、宅配買取だとお互いの顔が見えませんから、利用するショップが信頼できるかどうかよく見極めたほうがいいでしょう。
カメラの知識があるスタッフが在籍している店舗やカメラの買取実績がある信頼できるショップを選ぶことが重要です。
また、段ボール箱などの梱包キットなどが用意されていることや送料や手数料が不要なショップを選んでおけば、無駄な経費もかからないので、その分だけ手に入る金額も大きくなります。
当店には、ニコン、ソニー、パナソニックなどカメラのことを熟知しているスタッフがおりますので、安心してご利用いただけます。
不要になった一眼レフカメラやミラーレスカメラを処分する際には、累計買取実績15,000点以上の買取専門店である当店を、ぜひご利用くださいませ。

カメラを売るなら買取専門店のリムーブへ

 

男の趣味買取リムーブはこちら

 

ページトップ